青江 覚峰 (あおえ かくほう) プロフィール

1977年東京生まれ。浄土真宗東本願寺派 湯島山緑泉寺住職。
米国カリフォルニア州立大学にてMBA取得。料理僧として料理、食育に取り組む。
ブラインドレストラン「暗闇ごはん」代表。超宗派の僧侶によるウェブサイト「彼岸寺」創設メンバー。
ユニット「料理僧三人衆」の一人として講演会「ダライ・ラマ法王と若手宗教者100人の対話」などで料理をふるまう。著書に『お寺ごはん』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『ほとけごはん』(中公新書ラクレ)、『お寺のおいしい精進ごはん』(宝島社)など。

Twitter @AOEKAKUHO

暗闇ごはん

暗闇ごはんについて

浅草・緑泉寺で行われている月一度のイベント。

現在は株式会社なか道に運営を移譲しております。
この件のお問合わせはinfo@nakamichi.worldまでお願いいたします。

海外で試されている真っ暗な中で食事をとる「ブラインドレストラン」を、
日本の食文化にアレンジしてお届けします。
明かりを落とした薄暗闇の部屋でアイマスクを着用していただき、完全に視覚を奪われた状況を作り出します。そして、イベントご参加の注意点など簡単な説明のあと、料理が一品ずつ運ばれます。

日常では体験することのできない真の暗闇。完全に視覚を奪われた中で、 残された嗅覚、味覚、聴覚、触覚をフル回転させるためには、 ものを食べるという行為が大いに効果的です。

また、お寺という非日常の空間で、顔の見えない相手とひとつの食卓を 共にすることも、「暗闇ごはん」を体験する人の想像力を多分に刺激することでしょう。
お出しする食事はけして豪華なものではありませんが、 暗闇の中でこそ食べて楽しい、食べて驚きのひとときであるよう、 食材や調理にも工夫を凝らしております。

発案者:青江覚峰

お申し込み方法や次回開催情報は青江覚峰のFacebookより随時アップしてまいります。
次のFacebookをご確認ください。